洗顔石鹸の人気は泡立ちがよく敏感肌も使えて、低刺激、無添加がおすすめです!

洗顔フォームより刺激がすくない洗顔石鹸

 

これまで長年洗顔フォーム(チューブ状練タイプ)を使い続けて来ました。面倒なのでそのまま顔に塗りたくって使ったりすると、刺激が多少残ったり顔にいつまでも張り付いているのでそれを落とそうとして、何回も水を使ったりこすったりしていました。

 

ある時別の商品を注文した時に、固形石鹸の「ミネラルソープ」がサンプルについてきて、「な〜んだ、石鹸?」と思いそれもしばらく置いたままにしていました。洗顔フォームが使い終わったので、同じものを買う前に試してみることにしました。最初は「石鹸」という概念が、身体を洗うあのイメージでとらえていたので使う前に抵抗があったのです。

 

しかし、使ってみたら、あの独特の石鹸臭は全くありませんし、ぬるっと溶ける感触もなく、すーっと泡立ちます。そのあわだち、石鹸の固さとくずれない、しっかりした形状がサンプルだけで気に入ってしまい早速、注文して使うこと3か月です。

 

とくにケチって使っているわけではないのですが、ミネラルソープは形がしっかりしていて、泡立ちに反して減りが遅いのです。洗顔フォームは洗ったあと、即化粧水、乳液と走らなければ肌がつっぱってしまいますが、ミネラル石鹸は、しばしお手入れも忘れるくらいしっとりとした感じが肌に残り、大変気に入っています。「石鹸」という範疇を思いこみで考えていたと思います。

 

洗顔石鹸は人気は泡立ちがいいものが多く、おすすめは低刺激で無添加がいいですね!

洗顔料は高価じゃなくてもいいんです!

私のお勧めの洗顔料は、イオンのトップバリュから発売されている、「保湿洗顔フォーム」です。何が良いかと言うと、一番は泡が硬いことです。きめの細かい硬い泡がたくさん作れます。硬くて弾力があるので、顔に乗せても垂れることがありません。

 

 

泡で丁寧に顔を洗っても、泡がつぶれたりしません。泡が細かいから、毛穴の奥まで洗ってくれそうです。実際、私は長年、毛穴の汚れに悩んでいました。洗顔後は鼻や眉間を中心に、白い角栓がぷつぷつ浮き出た状態で非常に醜い肌だったのですが、この洗顔料を使い始めてから角栓はほとんど見当たらなくなりました。

 

そんなに上質の泡が作れるのに、コストはフォーマンは非常に良いのもこの洗顔料の特徴です。お値段298円と、市販の洗顔料の中でもかなりリーズナブルな方です。いくら良い物でも、高価だと続きませんが、この値段ならいくらでもリピートできます。

 

 

ちなみに値段の高い、有名な固形洗顔石鹸や某化粧品メーカーの洗顔料も使ったことがあります。固形石鹸は牛乳石鹸を使ったことがあったので、どんなものかは知っていましたが、予想以上の泡立ちでよかったですね。

 

 

一方、某化粧品メーカーの洗顔フォームは、泡はなめらかで良い香りですが、とても柔らかく弾力がまったくありません。おまけに肌がひりひりとします。特に鼻の穴の粘膜に泡が付くと、刺激が強いのか痛くてたまりません。これは使えないと捨てました。洗顔料は高ければ良いものでもないのだなと思いました。

洗顔石鹸は泡立ち重視

毎日の洗顔は美肌作りには基本有の基本です。

 

>洗顔はメイクや一日の汚れ、皮脂などをきれいに取り除くスキンケアにおける基本のステップの一つです。洗顔は石鹸でしましょう。

 

クリームや粉など、洗顔料にもさまざまなタイプが存在しますが、私は洗顔は石鹸が一番だと声を大にして言いたいです。洗顔はたくさんの泡を立ててその泡で汚れを落とすのが一番理想的な洗顔方法です。石鹸は泡立てネットなどでしっかり泡を立てて使いましょう。

 

あまり泡の立たない石鹸は望ましくありません。よく、歯磨きは歯磨き粉をたくさん使うのではなく、満面にブラッシングすることが大事だと言われていますが、洗顔は逆です。とにかくたくさんの泡を立て、指のひらを使い優しく泡で洗うのです。泡は弾力のある固めの泡の方が良いと言われています。水っぽい柔らかい泡ではなくクリームみたいな弾力のある大量の泡が立つ石鹸を使うのが理想です。

 

私は毎日石鹸で洗顔したあとに残った泡で全身も洗っています。そのくらい泡を立ててるのです。そのくらい泡が立つ石鹸が理想なのです。韓国で人気がある洗顔石鹸たちは私がいろいろ使ってきた中でも泡立ちがとても優れていました。もちろん日本にもほかの国にも泡がたくさん立つ洗顔石鹸はあります。ぜひ、たくさんの泡を立てて洗顔してみてください。肌がワントーン明るくなりますよ。

 

桃の葉エキス入りの洗顔石けんを使ってます

わたしが使っている洗顔石けんは桃の葉エキスが入っています。

 

桃の葉エキスが入っている石けんは、今では100円均一ショップでも売られているほどメジャーになりました。わたしは敏感肌なので洗顔石けんには少し気を付けています。殺菌剤が入っているような石けんを使うと肌が荒れてしまいます。

 

 

敏感肌用の洗顔石けんが1番安心といえば安心なんですが、敏感肌用の洗顔石けんは価格が高いことがあるので、何回か買ったことはありますが長く続けられないのです。新品の洗顔石けんはだいたい2ヶ月間くらい持つんですが、洗顔石けんにあまりお金を出すことはできません。敏感肌用の石けんではなくても桃の葉エキスが肌の潤いを守ってくれるということを知ってから、ずっと桃の葉エキス入りの洗顔石けんを使い続けています。

 

 

桃の葉エキス入りの洗顔石けんを使っていると感じるのは、肌の潤いを取り過ぎないから肌のつっぱりが少ないということです。敏感肌のせいか、洗顔後は肌がつっぱって自然な表情が作れなくなることもしばしばあったので悩んでいましたが、今は桃の葉エキス入りの洗顔石けんに変えてストレスなく洗顔できます。肌がしっとりするわけではないけれど、肌の脂を取り過ぎない感じが気に入っています。

簡単な洗顔でも気分がすっきりします

洗顔って、朝起きた時以外にも気分が沈んだ時とかイライラした時などにもやってみるとすっきりします。シャワーを浴びることができない時には、洗面所で顔を洗うだけでも気分を変えることができます。簡単な洗顔なら洗顔料など使わなくても良いと思います。

 

 

女性は外に出ている時には最低でも眉毛くらいは描いていますし、リップクリームも使っているでしょう。わたしは外出する時にはベースメイクもしっかりしているので外出先で豪快に洗顔することはできないけれど、顔に水を当てるようにパシャパシャと洗顔をするだけでも気分を入れ替えることができます。

 

 

少しでも顔に水を当てて汗や汚れを落とすだけでも気分と身体がすっきりするので、わたしは洗顔は大好きです。子供のころから学校から帰ってくると手洗いはもちろんですが洗顔もしていました。子供の頃は水道水でただ顔をバシャバシャ洗うだけだったり、夏に顔がべたつく時には浴室へ入って石けん洗顔していました。どんな方法でも洗顔をすると学校での疲れが嘘のように吹き飛んで、そのあと友達と元気よく遊べたものです。

 

 

今は家の中にいる時に眠くなってきたりボーっとすると、すぐに洗面所で洗顔して気分をシャキッとさせています。