クレンジングで失敗しないように

クレンジングを使うと、メイクと一緒に、肌についたその日の不浄が丸々したたるような気がして、心から気持ちの相応しいものです。ですから、メイクを終わる日であっても、とにかくクレンジングを使ってから洗顔する、というような方もいらっしゃるようですが、果たしてクレンジングは、肌に素晴らしい製品なのでしょうか?

 

クレンジングは肌への面倒が幅広い

 

無くしきれなかったメイクが肌に残ってしまうと、皮膚の新陳代謝を妨げてしまうので、しみやシワができ易くなり、肌の老化を早めてしまう。ですから、メイクはどうしても落とさなくてはならないものだ。

 

しかし、メイク化粧品には油分が含まれている結果、附けると肌にぎゅっと密着してしまい、水では洗い流し羽織ることができません。が、クレンジングに留まる油分と反応すれば、洗い流すことができるようになるのです。油で汚れた食器が、オイル洗剤で綺麗になることを、油が油を減らすという声明で表現することがありますが、クレンジングの構造もそれと同じなのです。

 

しかし、健康な肌には、雑菌から続けるために水分のバリヤを見張る動作があり、それをつくるのが皮脂なのですが、クレンジングはそれらの皮脂まで一緒に落としてしまう。すると乾燥しやすくなるだけでなく、肌は耐性を失う結果、様々な肌トラブルを齎す事由にもなります。ですから、極力面倒のかからない方法で化粧を減らすように努め、メイクをしていない日に、クレンジングを使うようなことは控えるようにください。

 

こちらをクリック